ケアマネージャーの資格がおすすめ

介護業界は、社会的重要性に比べて一般的に給料が少ないと言われています。近年はこうした傾向を改善するために様々な制度改革が行われていますが、介護業で少しでも給与を良くするためには、管理職などへのキャリアアップは必須だと言えるでしょう。

介護業界でキャリアアップするために取得しておくことをおすすめする資格の一つとして、「ケアマネージャー」の資格があります。ケアマネージャーは介護利用者とサービス内容を取り決める矢面に立つばかりでなく、事業所内の運営全般に関わる非常に重要なポストであり、当然社会に果たす役割が大きくなるため、その資格取得のハードルは比較的高いものになります。
具体的には、介護事業所などに5年以上の勤務経験があるのが前提条件で、そこから合格率20%と言われる試験に合格することで資格取得に至ります。しかし、晴れてケアマネージャーの資格を取得して管理職への昇進を果たせば、そこからは仕事に見合うだけの給料が約束されることになります。その金額については業務内容や事業所の規模などに左右されますが、一般的なサラリーマンの年収よりも高額であることが大半です。

また、介護業界において管理スキルを持つ人材の不足状況は恒常化しているため、ケアマネージャー資格を持つ人材は非常に重宝されます。翻せば、ケアマネージャーの資格を持っていれば、他の事業所などへの転職が容易になります。どのような業態の施設で働いた経験があるかによって転職の難度は変わってきますが、ケアマネージャーは非常につぶしがきく資格であることに間違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です