介護の管理職に必要な資格

就職や転職を考える時、その業界でどういうキャリアアップができるのかという事は重要な問題になってきます。今後介護業界が日本社会においてさらに重要な業界になってくることを考えると、業界自体の地位は上がってくるでしょう。それでは業界内のキャリアはどのようにして積んで行けば良いのでしょうか。
ここでは資格を取得してキャリアアップを目指す方法について紹介します。資格取得の他には転職をしてキャリアを積むという方法もあるので、詳しく知りたい場合は調べてみてください。

介護の仕事は有資格者だけではなく無資格者にもできる仕事があります。介護施設や事業所の雑務全般や利用者の生活援助などの介護サービスは無資格が行っても問題はありません。しかし無資格でもできる仕事をしているだけでは介護業界でキャリアを積み上げることは難しいでしょう。まずは介護の初歩的な資格である介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得することが、介護業界でのキャリアアップの第一歩となると私が思うのです。

この資格を取得すると、実務者研修の取得を目指すことができるようになります。この実務者研修修了者は介護職員初任者研修修了者ではできない、タン吸引や経管栄養などの医療行為も行うことができるようになります。また、さらなるキャリアアップとして国家資格である介護福祉士の資格を目指せるようになることも特徴的です。そして、実務者研修修了者や介護福祉士資格取得者はサービス提供責任者として訪問介護事業所などにおける管理職としての道も開けてきます。これらの上位資格の取得は介護事業所の起業にもつながり、介護業界でのキャリアアップに大いに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です